【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】肌守のデザイン 四季別の4種に

【富山】肌守のデザイン 四季別の4種に

ジャンル・エリア : 富山 | 神社・仏閣  2016年06月29日

四季に応じたデザインを施した肌守(左から春夏秋冬)=南砺市高瀬の越中一宮高瀬神社で

四季に応じたデザインを施した肌守(左から春夏秋冬)=南砺市高瀬の越中一宮高瀬神社で

南砺・高瀬神社、来月から

 南砺市高瀬の越中一宮高瀬神社は7月から、祈祷(きとう)を受けた参拝客に、四季に応じた4種類のデザインの肌守を参拝時期に合わせて授与する。

 これまで桜模様を施した黄色の肌守を年間通して授与していたが、参拝客からの要望で年明けから四季別のデザインを作り始めた。

 大きさはこれまでと同じ縦7センチ、横4センチ。春(3~5月)は桜模様のピンク色、夏(6~8月)はアサガオ模様の水色、秋(9~11月)はキク模様のベージュ色、冬(12~2月)は南天模様の白色。表に「御守」、裏に「越中一宮高瀬神社」と表記してある。

 同神社の権禰宜(ごんねぎ)魚岸一弥さん(29)は、「常に身に着けて四季を感じていただきたい」と話している。問い合わせは、同神社=電0763(82)0932=へ。 (渡辺健太)

旅コラム
国内
海外