【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】空想世界、墨で描く 彦根の高橋さんが自宅に大作

【滋賀】空想世界、墨で描く 彦根の高橋さんが自宅に大作

ジャンル・エリア : 展示 | 芸術 | 近畿  2016年07月11日

オオカミや小鳥を水墨で描き「混沌」をイメージした高橋さん=彦根市平田町で

オオカミや小鳥を水墨で描き「混沌」をイメージした高橋さん=彦根市平田町で

 彦根市平田町の水墨画家高橋良さん(37)が、自宅のアトリエで「混沌(こんとん)」をイメージした300号の大作1点を飾っている。

 作品は7色の墨を使って、背中からシカが生まれるオオカミや、小鳥から人間の子どもの足がはえ、剣を持って戦う様子などを描いている。ここ1年かけて頭に浮かんだ空想の世界をキャンバスに重ねていったという。

 高橋さんは「テロや災害が起こっている今の時代と照らし合わせて見てほしい」と話している。作品の一部分をTシャツに切り取った商品30枚もある。

 彦根市出身で大阪デザイナー専門学校を卒業。2010年に岡本太郎現代芸術賞展で入選。全国で個展やグループ展を開いている。展示は午前11時~午後6時。18日まで(13日は休館)。

 (河辺嘉奈子)

目的で旅を選ぶ
気分で旅を選ぶ
旅コラム
国内
海外