【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】例大祭に向けだんじり飾り付け 水無神社

【長野】例大祭に向けだんじり飾り付け 水無神社

ジャンル・エリア : まつり | 甲信越 | 神社・仏閣  2016年07月12日

「だんじり」の飾り付けをする氏子ら=木曽町の屋台庫で

「だんじり」の飾り付けをする氏子ら=木曽町の屋台庫で

 みこしを縦、横に激しく転がす「みこしまくり」で知られる木曽町福島の水無(すいむ)神社例大祭(22、23日)に向け、みこしと一緒に街中を練り歩く屋台「だんじり」の飾り付け作業が、同町福島上八沢地区の屋台庫であった。

 だんじりは高さ4.3メートル、長さ3.2メートル、幅2.1メートルの2階建て。2階に小学生ら12人が乗って笛や太鼓を奏で、みこしを先導する。飾り付け作業には氏子ら約20人が参加。2階部分に赤色のちょうちんを取り付け、座布団を並べたり、緞帳(どんちょう)を張ったりした。車輪がよく回るように調整もした。

 同神社総代会副会長で、屋台の責任者を務める和合温(ゆたか)さん(67)は「飾り付けをすると、いよいよ祭りだという気持ちになる。一昨年に皆さんの寄付などで修復した屋台を見てほしい」と話していた。

 祭り初日の22日は午前11時半ごろ、だんじりが屋台庫を出発する。神社から出発するみこしと道中で合流し、街中を練り歩く。

 (桜井祐二)

目的で旅を選ぶ
気分で旅を選ぶ
旅コラム
国内
海外