【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【静岡】人間国宝3人の色絵磁器 掛川で企画展

【静岡】人間国宝3人の色絵磁器 掛川で企画展

ジャンル・エリア : 展示 | 芸術 | 静岡  2016年07月13日

格調高い色絵磁器に見入る来館者

格調高い色絵磁器に見入る来館者

◆13代今泉今右衛門ら34点

 現代の色絵磁器の逸品を集めた企画展「3人の人間国宝による色絵磁器」が12日、掛川市下俣の資生堂アートハウスで始まった。9月25日まで。入館無料。

 展示しているのは、色絵磁器の技法で重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された13代今泉今右衛門(1926~2001年)、14代今泉今右衛門(1962年~)、藤本能道(よしみち)(1919~92年)による皿や鉢、花瓶などアートハウスの収蔵品34点。

 皿全体にツバキの花を埋め尽くした色鍋島薄墨椿文額皿(いろなべしまうすずみつばきもんがくざら)(13代今泉今右衛門)や、ユリの形の鉢にアジサイをあしらった色絵薄墨墨(いろえうすずみすみ)はじき紫陽花文百合鉢(あじさいもんゆりばち)(14代今泉今右衛門)、つぼの表裏につがいの山バトを描いた雪白釉釉描加彩柳枝山鳩図扁壺(せっぱくゆうゆうびょうかさいりゅうしやまばとずへんこ)(藤本能道)などが並び、来館者が格調高い作品の数々にじっくりと見入っている。

 また、日本画家で資生堂意匠部創設期にデザイナーとして活躍した小村雪岱(せったい)(1887~1940年)の世界を紹介する「小村雪岱と資生堂書体」展も同時開催している。

 月曜(祝日の場合は翌日)と8月15~18日休館。問い合わせは、アートハウス=電0537(23)6122=へ。

(土屋祐二)

13代今泉今右衛門作の色鍋島薄墨椿文額皿=いずれも掛川市の資生堂アートハウスで

13代今泉今右衛門作の色鍋島薄墨椿文額皿=いずれも掛川市の資生堂アートハウスで

旅コラム
国内
海外