【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【福井】夏の大輪、逆境越え 大野でヒマワリ5000本見頃

【福井】夏の大輪、逆境越え 大野でヒマワリ5000本見頃

ジャンル・エリア : 福井 | 自然 |   2016年07月13日

高原を夏色に染めるヒマワリ=大野市蓑道のスターランドさかだにで

高原を夏色に染めるヒマワリ=大野市蓑道のスターランドさかだにで

 大野市蓑道(みのみち)の農業体験施設「スターランドさかだに」で、約5000本のヒマワリが見頃を迎えている。さわやかな風が吹き抜ける約2000平方メートルの高原の畑で、黄色の大輪の花が鮮やかに咲き誇っている。

 地域住民らでつくる「さかだに特産工房」が種を採取してヒマワリ油に加工するため、他地域より早い5月上旬に種をまいており、今月7日ごろから咲き始めた。ヒマワリ畑では毎年、約1万本の花を咲かせているが今年は突風など天候不順の影響で芽の出ない花があり、例年の半分程度となった。

 市街地を見渡せる好立地とあって、12日は家族連れが花の間を歩いたり、アマチュアカメラマンが写真を撮ったりしていた。見頃は17日ごろまでという。

 16、17の両日は茶屋を設け、地元野菜や菓子などを販売する。

 (藤井雄次)

旅コラム
国内
海外