【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】恐竜の骨? 化石公開 白峰で昨秋発見 夏休み特別展示

【石川】恐竜の骨? 化石公開 白峰で昨秋発見 夏休み特別展示

ジャンル・エリア : 展示 | 歴史 | 石川  2016年07月22日

初公開される岩の表面に露出した化石。大きさや内部構造から恐竜の骨とみられる=石川県白山市桑島の白山恐竜パーク白峰で

初公開される岩の表面に露出した化石。大きさや内部構造から恐竜の骨とみられる=石川県白山市桑島の白山恐竜パーク白峰で

 石川県白山市桑島の白山恐竜パーク白峰は、23日から夏休みの特別展として、昨秋に見つかった恐竜の骨とみられる化石を初公開する。月曜休館。8月31日まで。

 初公開の化石は、長さ30センチ、幅15センチの岩塊の表面に、黒ずんだ3つの骨の断面が露出した状態で見つかった。昨年10月に同市手取層群化石調査団が同市白峰で発見、国立科学博物館(東京)の真鍋真博士に鑑定を依頼し、断面の大きさや内部構造から、恐竜の可能性が高いことが分かった。部位や種別は不明だが、特定につながる頭骨の発見などが期待される。

 市教委の大塚健斗化石調査員によると、市内では同館近くの約1億3000万年前の地層「桑島化石壁」からさまざまな動植物の化石が見つかっているが、今回は化石壁とは異なる場所で発見された。特別展では、これまでに化石壁以外の地層で見つかった恐竜やワニ、カメの骨など約25点も公開、市内の豊富な化石産地をPRする。

 午前9時から午後5時まで。8月15日は開館する。入館料は一般500円、小中高生は期間中無料。

  (谷口大河)

旅コラム
国内
海外