【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【福井】マンホールカードいかが 人気急上昇、福井市が1日から配布

【福井】マンホールカードいかが 人気急上昇、福井市が1日から配布

ジャンル・エリア : まちおこし | サブカルチャー | 福井  2016年07月25日

県内で初めて発行される福井市のマンホールカードのデザイン(表面)=同市提供

県内で初めて発行される福井市のマンホールカードのデザイン(表面)=同市提供

 伝説上の霊鳥「フェニックス」をモチーフにした福井市のマンホールのふたのデザインが、ご当地マンホールのふたを紹介する「マンホールカード」に県内で初めて加わる。カードは、現地でしか入手できない限定感が収集意欲をくすぐって人気は拡大中。カードの配布開始は8月1日で、市下水管理課は「下水道のPRだけでなく観光誘客にもつなげたい」と意気込む。

 マンホールカードは、国土交通省や企業などでつくる「下水道広報プラットホーム」(東京都)と自治体の共同製作で、4月に第1弾として東京23区や大阪市など28の自治体が計30種類を発行した。縦8.8センチ、横6.3センチで、マンホールのふたの画像や所在地、デザインの由来やお国自慢などが表面や裏面に記載されている。

 福井市のカードは、横浜市や富山市など39の自治体とともに、第2弾として発行される。裏面は1945(昭和20)年の福井空襲や48年の福井震災の災禍を乗り越えてきた市の歴史などを紹介しているという。

 市下水管理課によると、プロ野球広島カープのマスコットキャラクターがモチーフの広島市のカードは、下水道施設の見学者にしか配布しないにもかかわらず人気。同課の朝倉浩課長は「マンホールや下水道など普段気付かない足元から、福井市をPRしたい」と話している。

 4000枚を用意し、8月1日以降の平日午前8時半~午後5時15分に、市企業局庁舎4階の下水管理課で1人1枚を手渡す形で配布する。

 (北原愛)

目的で旅を選ぶ
気分で旅を選ぶ
旅コラム
国内
海外