【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【福井】ふくろうカフェ1日開店 福井に北陸初

【福井】ふくろうカフェ1日開店 福井に北陸初

ジャンル・エリア : グルメ | 動物 | 福井  2016年07月26日

メンフクロウ(手前)など10種類のフクロウと触れ合える「ふくろうカフェ福井」=福井市みのり2で

メンフクロウ(手前)など10種類のフクロウと触れ合える「ふくろうカフェ福井」=福井市みのり2で

 愛くるしいフクロウたちと触れ合える「ふくろうカフェ福井」が8月1日、福井市みのり2に北陸三県で初めてオープンする。開店を前に、店長の藤井直美さん(31)は「吸い込まれそうな大きい目が大好き。ぜひ遊びに来て」とアピールしている。

 客を出迎えるのは、白い顔と羽根が特徴的なメンフクロウや、体長15センチほどのアフリカオオコノハズクなど個性豊かな計10羽。いずれも生後1~3年ほどで、ふ化直後から人間を親と認識させるインプリントと呼ばれる手法で育てられている。来店者は、店員から触り方などのルールの説明を聞いた後、好きなフクロウを手や肩に乗せて触れ合うことができ、なでたり、一緒に写真を撮ったりすることもできる。

 本明茂人代表(43)=福井市栃泉町=が、大阪府のフクロウカフェで、客をとりこにする様子が気に入り、県内での開店を決意。スタッフを募り、4月ごろから準備を進めた。営業部の辻フミヤ部長(29)は「どの子も表情が豊かで、もふもふした触り心地が何とも言えません」と魅力を話す。

 来店客は、1時間ごとに入れ替わるシステムで、触れ合うことができるのは説明を聞いた後の40分間。料金はドリンク1杯付きで、1人2000円。8月31日までは、15歳以下は1500円。予約などは「ふくろうカフェ福井」=0776(34)2960

 (玉田能成)

目的で旅を選ぶ
気分で旅を選ぶ
旅コラム
国内
海外