【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】中高年、はじけるダンス 安城の9人が七夕まつり舞台へ練習

【愛知】中高年、はじけるダンス 安城の9人が七夕まつり舞台へ練習

ジャンル・エリア : イベント | 愛知  2016年08月03日

ダンスを指導する高野さん(後列右端)と「ジェイビーズ」のメンバーたち=安城市のデンパークで

ダンスを指導する高野さん(後列右端)と「ジェイビーズ」のメンバーたち=安城市のデンパークで

4月に結成された安城市の中高年ダンスグループ「JB’S」(ジェイビーズ)が、6日の安城七夕まつりのステージに向けて練習に励んでいる。メンバーたちは「人前でダンスができるなんて最高」と本番を楽しみにしている。

 同市のデンパークにある建物の1室。人気グループEXILE(エグザイル)の曲に合わせ、Tシャツ姿のジェイビーズの女性たちが腕を振り、ステップを踏む。練習を積み重ねたダンスはリズム感たっぷりだ。「目線は上にしましょう」と講師の高野麻里(MARI)さん(41)のアドバイスが飛ぶ。

 ジェイビーズは1月からデンパークで開かれている3カ月単位のダンス講座の受講者で結成。ヒップホップを中心に、Jポップやディスコなどさまざまな音楽で踊る。51歳から68歳までの男女9人のうち、大半がダンス初心者だ。

 結成を提案したのは市内でダンス教室を開く高野さん。「中高年の方にもダンスの楽しさを知ってもらおうと思って」。高校時代にダンスの道に進もうとしたとき、祖母が背中を押してくれたことへの「恩返し」の気持ちもあるという。

 月2回の練習では、フラフープで体幹トレーニングをし、曲に合わせた振り付けを学ぶ。楽しむことが1番なので、多少の「自由な表現」は大歓迎だ。

 ジェイビーズは結成直後にデンパークで初めてステージに立ち、アフロヘアで踊った。メンバーの野田ひで子さん(66)=同市姫小川町=は「ステージは高揚感と達成感があった。習い始めたころは恥ずかしかったけど、今は楽しみに変わった」。増田桂治さん(63)=同市東明町=も「もともと音楽が好き。ダンスをすると違う自分に変われる気がする」と笑顔を見せる。

 安城七夕まつりのイベントの1つとして、6日正午から30分間、JR安城駅前の「願いごと広場」で高野さんの教室の生徒たちのダンスショーがあり、その中でジェイビーズは2曲踊る。28日にはデンパークでも披露する。

 (重村敦)

旅コラム
国内
海外