【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】金管の音色で幕開け 松本でOMF、9月9日まで

【長野】金管の音色で幕開け 松本でOMF、9月9日まで

ジャンル・エリア : 甲信越 | 芸術  2016年08月10日

OMFの開幕を華々しく彩った若手演奏家によるコンサート=松本市のあがたの森文化会館講堂で

OMFの開幕を華々しく彩った若手演奏家によるコンサート=松本市のあがたの森文化会館講堂で

 世界的指揮者の小澤征爾さん(80)が総監督を務める国際音楽祭「セイジ・オザワ松本フェスティバル」(OMF)が9日、松本市で開幕した。23回開催された前身の「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」を改称し、今年で2年目を迎える音楽の祭典は、小澤さんのグラミー賞受賞の栄光も加わり、さらなる盛り上がりが期待される。

 初日は、あがたの森文化会館講堂でオープニングイベント「OMF室内楽勉強会~金管アンサンブル~発表会」を開催。オーディションで選ばれた21~29歳の若手音楽家10人が、ロッシーニの「セビリアの理髪師」やドボルザークの「家路」など計9曲を披露した。会場を包み込む重厚で迫力のある音色に、約300人の聴衆からは惜しみない拍手が送られた。

 OMFは9月9日まで市内で開かれる。小澤さんの体調を考慮し、一部公演で指揮者や曲目の変更があるが、小澤さんは計5公演で指揮する予定。

 (水田百合子)

目的で旅を選ぶ
気分で旅を選ぶ
旅コラム
国内
海外