【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】珍しい和ガラス4000点 長浜でアルフィー坂崎コレクション

【滋賀】珍しい和ガラス4000点 長浜でアルフィー坂崎コレクション

ジャンル・エリア : 展示 | 工芸品 | 近畿  2016年08月29日

坂崎さんの収集品の1つで、緑色に発色するウランガラス=長浜市で

坂崎さんの収集品の1つで、緑色に発色するウランガラス=長浜市で

 人気バンド「ジ・アルフィー」の坂崎幸之助さん(62)が集めた和ガラスとアンティークカメラを紹介する企画展が、長浜市の黒壁スクエア内の長浜アートセンターで開かれている。計4000点を3回に分けて展示する。12月25日まで。

 黒壁が名物とするガラスの魅力を発信しようと、昨年に続いて企画した。

 展示した和ガラスは、明治から戦後間もないころまでに国内で製造された生活雑器が中心。金魚や扇の形をした日本らしいデザインのインク瓶や、「大日本海軍」と記された戦意高揚の皿など珍品が並ぶ。紫外線を当てると緑色に発色するウランガラスは、特に注目を集めている。

 今回は、坂崎さんが40年以上にわたって趣味で収集を続け、思い入れが強いというカメラも新たに加えた。国内外で昭和初期までに製造された二眼レフや蛇腹など貴重な品が並ぶ。戦前の「ハンザキヤノン」は特に希少価値が高いという。

 入場料は高校生以上800円。(問)長浜アートセンター=0749(68)3007

 (渡辺大地)

目的で旅を選ぶ
気分で旅を選ぶ
旅コラム
国内
海外