【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【静岡】富士の須津川渓谷にバンジー施設オープン

【静岡】富士の須津川渓谷にバンジー施設オープン

ジャンル・エリア : | 自然 | 静岡  2016年08月30日

大自然の中でバンジージャンプを楽しむ観光客=富士市の富士バンジーで

大自然の中でバンジージャンプを楽しむ観光客=富士市の富士バンジーで

◆市と群馬の会社 観光客誘致へ開業

 愛鷹山系随一の渓谷美を誇る富士市比奈の須津(すど)川渓谷に、バンジージャンプ施設「富士バンジー」がオープンした。運営するレジャー会社「スタンダードムーブ」(群馬県)は、渓谷の観光活用を模索してきた富士市と協力して関東、中部の若者らの誘客を狙う。

 渓谷にかかる高さ54メートルの須津渓谷橋に、広さ24平方メートルのジャンプ台を設置。橋を管理する市は12月中旬までを試行期間として使用を許可した。改善点を洗い出し、来年以降の営業につなげたい考えだ。

 同社は富士バンジーほか群馬、茨城県など4カ所で橋からのバンジー事業を展開している。担当者は「中でも須津川渓谷は開発が進んでおらず、落差21メートルの大棚の滝など大自然を満喫できる」と魅力を語る。

 体験した会社員(30)=富士市=は「飛んだ直後には余裕はないけれど、落ち着いてくると景色を楽しめた。仲間に自慢したい」と笑顔で話した。

 営業時間は午前9時から午後5時まで。利用料は1回目9000円、2回目以降5000円。15歳以上が対象で体重制限もある。問い合わせは、スタンダードムーブ=電0278(72)8133=へ。

(小佐野彗太)

旅コラム
国内
海外