【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】サビオです、よろしく 東山動植物園にオオアリクイ仲間入り

【愛知】サビオです、よろしく 東山動植物園にオオアリクイ仲間入り

ジャンル・エリア : テーマパーク | 動物 | 愛知  2016年08月31日

新たに仲間入りしたオオアリクイの「サビオ」=名古屋市千種区の東山動植物園で

新たに仲間入りしたオオアリクイの「サビオ」=名古屋市千種区の東山動植物園で

 東山動植物園(名古屋市千種区)に雄のオオアリクイ1頭が新たに仲間入りし30日、公開が始まった。その名の通り、アリを食べる中南米原産の絶滅危惧種。まだ園に慣れていないためか、フサフサした尻尾を揺らしながら落ち着きなく歩いているが、すでに人懐っこい一面も見せている。

 新入りの名前は「サビオ」。体重50キロの13歳で、人間だと30代後半に相当する。英国のベルファスト動物園から25日にやって来た。少しずつ環境に適応させるため、オオアリクイ舎内の柵で区切られたスペースで過ごしている。

 東山動植物園のオオアリクイは、サビオを含めると雄3頭、雌2頭の計5頭になる。昨年末時点で国内に13頭しかいない希少な動物で、同園は屈指の数を抱え、繁殖の実績もある。遺伝的な多様性を保つため、ベルファスト動物園側から無償譲渡を受けた。

 このためサビオに期待されているのは「結婚」。園に慣れて繁殖期を迎えたら、雌とペアにして水入らずの環境で過ごさせる計画だ。指導衛生係長の今西鉄也さん(45)は「オオアリクイの子どもは幼いころ、母親の背中に乗って過ごす。そんなかわいらしい光景がまた見られるようになるかも」と期待する。

 サビオは周りのオオアリクイよりも、体毛が少し白っぽいのが特徴。園の職員が近づくと、自ら擦り寄ってくるなど好奇心旺盛な姿も見せている。

 (河北彬光)

目的で旅を選ぶ
気分で旅を選ぶ
旅コラム
国内
海外