【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】創立120周年で規模拡大 9月24日に近江鉄道がイベント

【滋賀】創立120周年で規模拡大 9月24日に近江鉄道がイベント

ジャンル・エリア : イベント | グルメ | 展示 | 近畿  2016年08月31日

フェスタの開催をPRする近江鉄道の社員ら=彦根市内で

フェスタの開催をPRする近江鉄道の社員ら=彦根市内で

 近江鉄道は9月24日、電車やバスに親しむイベント「ありがとうフェスタ」を開く。今年で創立120周年を迎え、彦根駅前西口駐車場と駅東口の近江鉄道ミュージアムを会場に、車両展示やステージ発表を企画している。

 近江鉄道は1896(明治29)年に創立し、2年後、彦根-愛知川間で開業した。1944(昭和19)年に8日市鉄道を合併。現在は観光や不動産業にも力を入れる。

 利用客らへの感謝の意味を込め、フェスタを2011年から毎年開催。今回は記念の年に規模を拡大して観光客を呼び込もうと、メイン会場をこれまでの本社裏駐車場から駅前西口駐車場に変更した。

 西口駐車場のステージでは、ヒーローショーや県内のゴスペルやフラダンスグループの発表、スタンプラリー抽選を開く。市の人気キャラクター「ひこにゃん」などを車体にデザインしたバスの展示や、県内のサービスエリアで人気の「黒焼きそば」などを販売する模擬店も並ぶ。

 近江鉄道ミュージアムでは、電気機関車の展示や子どもを対象にした運転士の制服試着を予定。鉄道風景作家の作品展も開く。

 近江鉄道の藤原智章さん(40)は「地域の人に支えられて120周年を迎えられた。鉄道やバスに触れて、近江鉄道を振り返ってもらいたい」と話している。

 荒天の場合は25日に順延。(問)近江鉄道=0749(22)3301

 (木造康博)

目的で旅を選ぶ
気分で旅を選ぶ
旅コラム
国内
海外