【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】星空鑑賞「伊那・飯田」1位 県内エリアが上位独占

【長野】星空鑑賞「伊那・飯田」1位 県内エリアが上位独占

ジャンル・エリア : | 甲信越 | 自然  2016年09月06日

「日本一の星空ナイトツアー」で夜空を楽しむ参加者=阿智村で(スタービレッジ阿智誘客促進協議会提供)

「日本一の星空ナイトツアー」で夜空を楽しむ参加者=阿智村で(スタービレッジ阿智誘客促進協議会提供)

 大手旅行予約サイト「楽天トラベル」は、星空鑑賞旅行が人気の観光地ランキングを初めて発表し「伊那・飯田・駒ケ根・昼神」エリアが全国1位に輝いた。2、3位も県内の観光地が選ばれ、上位を独占した。

 ランキングは、2015年8月~16年7月の1年で同サイトに掲載された「星空」や「満天の星」などの単語を含むプランの宿泊予約数から集計した。

 1位のエリアは、12年から阿智村で始まった「日本一の星空ナイトツアー」の人気が順位を押し上げた。阿智村は06年に環境省の全国星空継続観察で「星の観測に適していた場所」第1位になったことがある。ツアーは昨年に6万人以上が参加し、ゴンドラに乗って標高1、400メートルのスキー場から星空遊覧などを楽しめる。

 今年も1日2500人の入場制限を超える日が相次ぎ、スタービレッジ阿智誘客促進協議会は「地域の宝の星空を評価していただき、ありがたい。今後も周辺地域と連携を強めて、広域観光につなげたい」と喜んだ。

 2位の「八ケ岳」エリアは夏の屋外映画鑑賞会「星空の映画祭」が人気のほか、冬の雪原に浮かぶ幻想的な星空を楽しむ「スターオーシャン八ケ岳」などのプランもある。

 3位の「白樺湖・車山・蓼科・霧ケ峰」エリアでは夜の車山高原を歩くナイトハイクや、宿泊施設による星空鑑賞スポットへの無料送迎などが好評だった。

 (五十幡将之)

目的で旅を選ぶ
気分で旅を選ぶ
旅コラム
国内
海外