【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】“踊るホームレス” 金沢へ 「ソケリッサ」 10日まで21美などに

【石川】“踊るホームレス” 金沢へ 「ソケリッサ」 10日まで21美などに

ジャンル・エリア : 石川 | 芸術  2016年09月06日

独特のダンスを披露する路上生活経験者らによる「新人Hソケリッサ!」=金沢市の金沢駅東もてなしドーム地下広場で

独特のダンスを披露する路上生活経験者らによる「新人Hソケリッサ!」=金沢市の金沢駅東もてなしドーム地下広場で

 東京を拠点に活動する路上生活経験者らによるダンス集団「新人Hソケリッサ!」のメンバーが5日、金沢市の金沢駅東もてなしドーム地下広場でパフォーマンスを披露した。金沢21世紀美術館のアーティスト・イン・レジデンス(滞在制作)企画の一環で、10日まで市内に滞在し、21美や路上などで踊る。

 ソケリッサはダンサー、振付師のアオキ裕キさん(48)が「生きることに日々向き合う身体」を求め、路上生活者らに声をかけて2007年に結成した。Hは「ヒューマン、ホームレス、ホープ」などの意味を込め、ソケリッサは勢いを表現した造語。

 昨年、シンガー・ソングライター寺尾紗穂さんとの共演で全国ツアーを行い、今年は社会とアートをつなぐ活動に贈られる「コニカミノルタ ソーシャルデザインアワード」でグランプリを獲得するなど活動を広げている。

 この日はアオキさんと路上生活経験のある小磯松美さん(68)、横内真人さん(53)の3人が新たに振り付けてきた作品などを披露。舞踏ともコンテンポラリーダンスとも異なる独特の体の動きに観光客も足を止めていた。

 ソケリッサが出演した寺尾さんのプロモーションビデオを見て、富山県高岡市から訪れた介護相談員の男性(32)は「美しく踊るためではないところにリアリティーを感じた。なぜか泣きそうになった」と心をつかまれたよう。一緒に来た同市の男子高校生(17)も「体の動きに子どものころのことを思い出した」と話した。

 6日午後6時半からは21美で寺尾さんと金沢市在住のギタリスト石川征樹さんと共演しライブがある。料金は聴衆が自分で評価する投げ銭制。7日は同市の近江町いちば館広場(午前10時から)、金沢表参道(午後1時から)、いしかわ四高記念公園(午後6時半から)でパフォーマンスをする。10日午後1時半からは、21美でダンスワークショップもある。

 アオキさんは「金沢での滞在は路上でも踊ろうという活動の皮切り。出会いが楽しみ」と話している。 (松岡等)

目的で旅を選ぶ
気分で旅を選ぶ
旅コラム
国内
海外