【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【静岡】写真家の若木信吾さん 出発点・浜松で個展

【静岡】写真家の若木信吾さん 出発点・浜松で個展

ジャンル・エリア : 展示 | 静岡  2016年09月11日

多くのファンがつめかけて開幕した若木信吾さんの写真展「Come&Go」=10日午前、浜松市美術館で(袴田貴資撮影)

多くのファンがつめかけて開幕した若木信吾さんの写真展「Come&Go」=10日午前、浜松市美術館で(袴田貴資撮影)

◆20年の足跡を紹介

 雑誌、広告、映画監督と多彩な分野で活躍する浜松市東区出身の写真家若木信吾さん(45)の個展「Come&Go」(市、中日新聞東海本社、静岡朝日テレビ主催)が10日、同市中区の市美術館で始まった。有名無名の人が見せる自然体の表情をとらえた肖像の数々で、20年にわたる活動の軌跡を紹介する。10月7日まで。

 若木さんは米国の大学を卒業後、1990年代から写真家として活動。被写体は故郷の祖父や幼なじみから、俳優の浅野忠信さんや小泉今日子さん、荒木経惟(のぶよし)さんら同業の写真家まで幅広く、個展では新作を含む97点を厳選して飾る。

 開会式では鈴木康友市長をはじめ3主催者の代表らがテープカット。若木さんは「自分の写真の基礎を築いた浜松で初めての大きな個展で、感慨深い。どんな人物に対しても距離感やとらえ方は同じということが伝われば」と語った。

 月曜休館で19日は開館し翌20日休館。観覧料は大人800円、高校・大学・専門学校生500円。中学生以下無料。70歳以上、障害者と介助者1人は半額。

(久下悠一郎)

旅コラム
国内
海外