【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】富山舞台 影絵幻想的に 県近代美術館 藤城さん作品展

【富山】富山舞台 影絵幻想的に 県近代美術館 藤城さん作品展

ジャンル・エリア : 富山 | 展示 | 芸術  2016年09月20日

おわら風の盆など、富山を舞台にした影絵作品=県近代美術館で

おわら風の盆など、富山を舞台にした影絵作品=県近代美術館で

 日本を代表する影絵作家の藤城清治さん(92)=東京都=の「光よろこびメルヘン展」が、富山市西中野町の県近代美術館で開かれている。11月13日まで。

 藤城さんは、キャラクターのケロヨンが登場する1960年代の人気テレビ番組「木馬座アワー」などを手掛けた。台紙にセロハンを貼り合わせ、光を当てる独自の影絵の手法を生みだし、全国各地の風景や童話の世界を描いている。

 今回は240点を出展。会期前に富山を巡って制作した「富山を描く」のコーナーは、おわら風の盆や合掌集落、雨晴海岸の情景が幻想的に浮かび上がっている。会場中央には高さ7メートルを超える塔も登場。戦時中に海軍に所属した経験や平和の祈りを込めた言葉を、影絵作品とともに飾っている。

 観覧料は一般1400円。大学生1000円。高校生以下は無料。 (木許はるみ)

旅コラム
国内
海外