【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】華やか英国園芸 世界最古 植物学雑誌を展示

【富山】華やか英国園芸 世界最古 植物学雑誌を展示

ジャンル・エリア : 富山 | 展示 | 文化 |   2016年09月23日

大勢の来場者でにぎわう会場=県中央植物園で

大勢の来場者でにぎわう会場=県中央植物園で

中央植物園 企画展

 英国のオックスフォード大付属植物園との交流を記念した展示「英国の園芸文化と植物園」が22日、富山市の県中央植物園で始まった。国内初となる世界最古の植物学雑誌の全巻展示や英国様式のミニ庭園など盛りだくさんな企画。初日には開会式もあり、大勢の来場者でにぎわった。10月19日まで。

 交流は2012年、同大から中央植物園に日本の植物の種子収集への協力を依頼されたのがきっかけ。1年おきに同大植物園のスタッフが来県している。今年はさらに交流を深めようと、初めて交流展を企画した。

 展示の目玉は世界最古の植物学雑誌「カーティスのボタニカルマガジン」。1787年の創刊から現在までの全214巻を期間中に4回に分けて特別公開する。165巻までは銅版画で印刷した絵を原色に近い色を使って手作業で彩色され、美しさだけでなく、正確さにも定評があることで知られている。

 そのほか300種類の植物を集めたイングリッシュガーデンや、書籍や陶器などの物品から英国の植物や園芸を紹介するコーナー、約30鉢のイングリッシュローズの展示などもある。

 開会式には、在日英国大使館やオックスフォード大日本事務所などの関係者、市民ら約180人が出席し、テープカットで祝った。

 ボタニカルマガジンを見学した砺波市の会社員女性(61)は「花の特徴を捉えていて、生花以上にきれいですね」と驚いていた。

 期間中、英国園芸マーケット(10月8~10日)など多彩なイベントもある。問い合わせは、中央植物園=電076(466)4187=へ。

 (山中正義)

目的で旅を選ぶ
気分で旅を選ぶ
旅コラム
国内
海外