【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】3英傑、3姫意気込み 「名古屋まつり」衣装合わせ

【愛知】3英傑、3姫意気込み 「名古屋まつり」衣装合わせ

ジャンル・エリア : まつり | 愛知 | 文化  2016年09月27日

<左>徳川家康役の福原さん(左)と千姫役の伊藤さん=名古屋・栄の松坂屋名古屋店で <中>豊臣秀吉役の服部さん(左)とねね役の原田さん=栄の丸栄で <右>織田信長役の岩川さん=栄の名古屋三越栄店で

<左>徳川家康役の福原さん(左)と千姫役の伊藤さん=名古屋・栄の松坂屋名古屋店で <中>豊臣秀吉役の服部さん(左)とねね役の原田さん=栄の丸栄で <右>織田信長役の岩川さん=栄の名古屋三越栄店で

 名古屋市中心部で10月15、16日に開かれる「第62回名古屋まつり」を盛り上げる郷土英傑行列の3英傑と3姫が26日決まり、栄の3百貨店で衣装合わせがあった。

 名古屋三越栄店では、2度目の応募で選ばれた織田信長役の会社員岩川涼一さん(30)=緑区=が白色の陣羽織姿を披露。「身が引き締まる思い。本番ではできるだけ勇ましく振る舞いたい」と述べた。正室濃姫役の三越の売り場担当宮田佳奈さん(22)は仕事で欠席し、「濃姫の印象を壊さないように、おしとやかでありながら芯のある強い女性を演じたい」とコメントを寄せた。

 豊臣秀吉役のはり・きゅうマッサージ師、服部恭治さん(40)=東区=と正室ねね役の丸栄の売り場担当原田美咲さん(24)は、丸栄で衣装を合わせた。服部さんは「ずっしりと重みを感じた。秀吉らしく楽しく振る舞いたい」、原田さんは「ねねになる実感が湧いた。親しんでもらえるように笑顔で演じたい」と意気込んだ。

 松坂屋名古屋店では、徳川家康役の会社員福原大介さん(50)=千種区=と孫の千姫役、松坂屋の売り場担当伊藤花観(はなみ)さん(23)がお披露目。福原さんは「気持ちが盛り上がってきた。家康になったつもりでパレードしたい」、伊藤さんは「かつらが重かった。当日までに体力をつけて細かい所作も学びたい」と決意を述べた。

 3英傑と3姫は15、16の両日、槍(やり)隊や鉄砲隊などとともに、名古屋駅前や栄などを練り歩く。

 (安田功)

目的で旅を選ぶ
気分で旅を選ぶ
旅コラム
国内
海外