【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】住民に曳山お披露目巡行 8日に大津祭開幕

【滋賀】住民に曳山お披露目巡行 8日に大津祭開幕

ジャンル・エリア : まつり | 文化 | 神社・仏閣 | 近畿  2016年10月03日

組み立てが進む曳山の「湯立山」=大津市中央の玉屋町自治会館前で

組み立てが進む曳山の「湯立山」=大津市中央の玉屋町自治会館前で

 8、9日に開かれる大津市の天孫神社の祭礼「大津祭」に向けて2日、曳山(ひきやま)を組み立てる「山建て」と、各町内を巡行する「曳初め」が一斉に行われた。

 大津祭の曳山は、市中心部の13の町(曳山町)が管理する。この日は各町の蔵の前で一つずつ分解して保管してある部品を順に組み立て、曳山を元通りの形に完成させた。午後からは各町内を1時間ほど曳き回し、住民にお披露目した。

 「湯立山」を持つ玉屋町では大工と自治会員ら約30人が、午前6時から6時間ほどかけて作業をした。台車部分から順に、部品を縄や金具で固定して積み上げ、最後に太鼓や鉦(かね)を積んだ。途中、神社の滋賀明加寿(あきかず)宮司を迎え関係者が玉串を捧げて祭りの安全を祈った。

 祭りの重要無形民俗文化財指定を記念し、この日から予定していたJR大津駅前での曳山展示は、天候を考慮して中止した。湯立山は駅前までの往復約2キロを曳き回し、祭りをPRした。8日に宵宮が、9日に本祭がある。

(野瀬井寛)

旅コラム
国内
海外