【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【福井】水面に紅葉、錦秋の足音 大野・刈込池

【福井】水面に紅葉、錦秋の足音 大野・刈込池

ジャンル・エリア : 福井 | 紅葉 | 自然  2016年10月26日

色づき始めた紅葉と刈込池を写真に収めるハイカーら=大野市上打波で

色づき始めた紅葉と刈込池を写真に収めるハイカーら=大野市上打波で

 大野市上打波の刈込池で、池の周囲の木々が赤や黄色に色づいている。神秘的な水面(みなも)と相まって、ハイカーらを魅了している。

 刈込池は標高1、070メートルにあり、水深は4.5メートル、周囲は450メートル。奈良時代の高僧、泰澄大師が大蛇を池に閉じ込め(刈り込め)たという伝説から名付けられた。周辺にはブナやミズナラ、モミジなどが生い茂る。

 25日はあいにくの天気で、白山連峰の三ノ峰に雲がかかり、燃えるような紅葉との「水鏡」は見られなかった。それでも赤や黄、緑の葉は絶妙な配色を見せ、ハイカーらはカメラに収めるなどして錦秋の風情を満喫していた。

 初めて訪れたという福井市の60代女性は「素晴らしい景色と聞いていたが、ようやく見られて良かった」と笑顔で話していた。

 (藤井雄次)

旅コラム
国内
海外