【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】茶臼山高原の紅葉ピーク

【愛知】茶臼山高原の紅葉ピーク

ジャンル・エリア : グルメ | 愛知 | 紅葉  2016年10月28日

 

 

 豊根村の茶臼山高原で、紅葉がピークを迎えた=写真。ウリハダカエデ、コミネカエデ、ミズナラ、ブナ…。無数の木々が赤と黄色のグラデーションを描き、秋の日差しにまぶしく輝く。

 標高1300メートル前後の高原は、県内で最も早く紅葉が楽しめる。「長雨と日照不足のせいか、例年に比べ鮮やかさはいまひとつ」との声もあるが、茶臼山や萩太郎山の山肌を覆う錦繍(きんしゅう)は荘厳な一大パノラマだ。

 見頃は11月上旬まで。29、30日は午後5時から8時まで、矢筈(やはず)池周辺がライトアップされる。

 30日には東三河と遠州、南信州の22市町村による「第2回三遠南信食の祭典」が開かれ、B級グルメを中心に42の団体や飲食業者が出店する。午前10時~午後4時。(問)茶臼山高原協会=0536(87)2345

 (鈴木泰彦)

目的で旅を選ぶ
気分で旅を選ぶ
旅コラム
国内
海外