【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】近づく冬、街に輝き 名古屋の広小路通でイルミネーション点灯式

【愛知】近づく冬、街に輝き 名古屋の広小路通でイルミネーション点灯式

ジャンル・エリア : イルミネーション | 愛知  2016年10月31日

イルミネーションが点灯された広小路通=名古屋市中区栄で

イルミネーションが点灯された広小路通=名古屋市中区栄で

 名古屋市中心部を電飾で彩る冬の風物詩「名古屋広小路通エクスプレスイルミネーション」の点灯式が30日、名古屋市中区錦3のSMBCパーク栄であった。来年1月15日まで毎日午後5時から午前1時半の時間帯で、道行く人の目を楽しませる。

 名古屋駅前の笹島交差点から新栄駅近くの広小路葵交差点までの4キロを発光ダイオード(LED)電球25万球で彩る恒例行事。名古屋広小路まちづくり協議会をつくる7商店街が飾り付けた。

 点灯式では、主催者を代表して同協議会の鬼頭浩副会長(72)が「広小路の活性化を願って、冬の風物詩として愛されるよう努力している。楽しんで観賞して」とあいさつ。カウントダウンの後、鬼頭副会長や河村たかし市長ら10人がスイッチを押すと、一斉に電飾が瞬き、拍手が起きた。

 他に北名古屋市の師勝はなの樹幼稚園児がハンドベルの演奏を披露。ポッカレモン消防音楽隊(名古屋市消防音楽隊)も「ハローファイヤーマン」など7曲を演奏した。北名古屋市の小学3年生の女児(9つ)は「一斉についたのがきれいだった」と目を輝かせた。

 (塚田真裕)

目的で旅を選ぶ
気分で旅を選ぶ
旅コラム
国内
海外