【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】松本舞台「orange」がアニメ映画に 18日から公開

【長野】松本舞台「orange」がアニメ映画に 18日から公開

ジャンル・エリア : まちおこし | エンタメ | 甲信越  2016年11月01日

18日から松本シネマライツで公開される「orange-未来-」のポスター=松本市で

18日から松本シネマライツで公開される「orange-未来-」のポスター=松本市で

 松本市を舞台にした人気漫画「orange(オレンジ)」で、アニメーション映画「orange-未来-」が18日から、同市高宮中の松本シネマライツなど全国30の映画館で公開される。原作者で、同市在住の高野苺(いちご)さんが新たに描き下ろし、7月からテレビで放映されたアニメの名場面を再編集した。松本観光コンベンション協会の担当者は「映画が松本の観光振興に一役買ってくれれば」と期待している。

 原作の漫画は、10年後の自分から届いた手紙をきっかけに、大切な人との未来を変えるために奮闘する高校生たちの青春を描く。シリーズ累計発行部数は470万部を超え、大ヒットを記録した。

 昨年12月には実写版映画も公開され、若手人気俳優の土屋太鳳(たお)さんと山崎賢人さんが主演し、全国300以上の映画館で上映された。

 公開されるアニメ映画は、高野さんが描き下ろした新作エピソードに、テレビ放映されたアニメの名シーンを重ねて製作。原作で完結したストーリーの「その後」が描かれる。

 アニメ映画の公開を盛り上げようと、同協会は映画のポスター300枚とチラシ5000枚を作り、市内の飲食店などに配布している。

 同協会の清水政義フィルムコミッション課長は「松本が舞台の映画というのは数が少ないが、オレンジは全国的に人気がある。多くのファンが舞台の松本を『聖地巡礼』で訪れてくれればうれしい」と話している。

 チケットは前売り1000円、当日1300円。(問)松本シネマライツ=0263(24)0122

 (佐藤裕介)

旅コラム
国内
海外