【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】優しく光る「竹の銀河」 伊賀の三代沢さん作品展

【三重】優しく光る「竹の銀河」 伊賀の三代沢さん作品展

ジャンル・エリア : オブジェ | 三重 | 展示 | 芸術  2016年11月08日

竹と電球で銀河を表現した光のオブジェを紹介する三代沢さん=伊賀市蓮池で

竹と電球で銀河を表現した光のオブジェを紹介する三代沢さん=伊賀市蓮池で

 造形・染色作家の三代沢信寿(みよさわのぶとし)さん(75)の竹を使った光のオブジェなどの作品展が伊賀市蓮池の自宅併設のギャラリー「創造空間-TA彩」で開かれている。青色などを塗って煮染めした麻や絹を縫製した服など合わせて約50点が並ぶ。13日まで。

 三代沢さんは武蔵野美術大(東京都)デザイン科で空間美術を専攻。東京で活躍した後、1998年に伊賀市へ移り住み、創作活動を続けている。

 オブジェは銀河をテーマにした「竹の銀河」。六角柱に削った竹の側面にドリルで穴を開けて筒の中に発光ダイオード(LED)電球などを入れた。穴は小さな丸や線状にくりぬいて星や流れ星を表現している。星のかけらをモチーフにしたランチョンマット、幾重にも縫い目を入れたカラフルな服もある。オブジェは中学の美術教科書に掲載されたこともあるという。

 三代沢さんは「小さな明かりには人を引きつける優しさがあると思う。夕方から暗くなるので幻想的な雰囲気を楽しんでもらえれば」と話す。

 展示は午前10時から午後6時。販売もしている。(問)三代沢さん=0595(38)2277

 (中川翔太)

目的で旅を選ぶ
気分で旅を選ぶ
旅コラム
国内
海外