【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】戦時ポスターずらり 阿智で展示

【長野】戦時ポスターずらり 阿智で展示

ジャンル・エリア : 展示 | 歴史 | 甲信越  2016年11月16日

戦時中に製作されたとされるポスター=阿智村智里の熊谷元一写真童画館で

戦時中に製作されたとされるポスター=阿智村智里の熊谷元一写真童画館で

 国民を鼓舞するために1937年の日中戦争から45年の終戦までに製作されたとされるプロパガンダ・ポスターの展示が、阿智村智里の熊谷元一写真童画館で開催されている。21日まで。

 国は、終戦直後にポスターの焼却処分を命じたが、当時同村の旧会地(おうち)村長だった故原弘平さんが、自宅の土蔵に135枚を保管。遺族から寄託を受けた村が、複製品を製作した。

 ポスター展では、複製品30枚を展示。少年戦車兵を募るものや「国債を買って戦線へ弾丸を送りましょう」といった文言で戦争への協力を訴えるポスターが並ぶ。

 元村役場職員でポスターの保管に携わっていた林茂伸さん(61)は「当時の国民がどのように戦争にいざなわれたのか、どのような生活を強いられていたのかを感じてほしい」と話した。

 (牧野良実)

旅コラム
国内
海外