【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】「豆本」北陸の魅力たっぷり 射水で金沢の作家個展

【富山】「豆本」北陸の魅力たっぷり 射水で金沢の作家個展

ジャンル・エリア : 富山 | 展示  2016年11月17日

北陸の特産品が載った豆本や製本技術を駆使して制作した作品=射水市大島絵本館で

北陸の特産品が載った豆本や製本技術を駆使して制作した作品=射水市大島絵本館で

 金沢市の製本雑貨作家、若井将代さん(51)の初めての個展「豆本と製本雑貨展」が16日、射水市大島絵本館で始まった。縦4センチ、横3センチほどの小さな「豆本」や、製本技術を生かしたノートカバーなど約500点が並ぶ。29日まで。

 若井さんは独学で製本技術を学び、10年ほど前から手帳などを制作。ランドセルを小さくリメークする「ミニランドセル」に影響を受け豆本を作り始め、子どものころから絵を描くのが好きだったという夫が絵や文章を手掛ける。

 豆本は場所を選ばずに楽しめるのが魅力という。県内の特産品や名物が載った「富山のおいしいもの図鑑」は、白エビや寒ブリ、ブラックラーメンなどが紹介文とともに軟らかいタッチで描かれる。金沢、能登、福井版もある。

 豆本の自作キットも販売しており、若井さんは「はさみと接着剤で簡単に作れるのでぜひ体験してみて」と呼び掛けている。20、23、29日に来館する予定。

 絵本館は午前9時半~午後5時半。21、28日は休館し、29日の展示は午後2時まで。入館料は大人510円、中高生310円、小学生100円。 (山本拓海)

目的で旅を選ぶ
気分で旅を選ぶ
旅コラム
国内
海外