【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】ワイン食堂わいわいと 金沢から移住 中出さん開店、西岸駅の活気に

【石川】ワイン食堂わいわいと 金沢から移住 中出さん開店、西岸駅の活気に

ジャンル・エリア : グルメ | 石川  2016年11月30日

「みんなでワイワイ楽しめる店にできれば」と話す中出哲也さん=七尾市中島町外で

「みんなでワイワイ楽しめる店にできれば」と話す中出哲也さん=七尾市中島町外で

 気軽にワインが楽しめる店をコンセプトに、金沢市から七尾市中島町に移住した中出哲也さん(51)が、のと鉄道西岸駅近くにワイン食堂「ぷかぷか亭」を開いた。「地元に溶け込んで末永く続けていきたい」と意気込んでいる。(高橋知子)

 中出さんは、バーテンダーやフランス料理店のマネジャー、ワインを主に扱う酒店での営業など、飲食業での経験が豊富。30年来の友人である黒瀬広喜さんが6年前に西岸に移り住み、ゲストハウス北海とカフェ遊帆を営むようになってからたびたび同地を訪れるようになった。

 閉店が相次ぎ寂しくなっていく西岸駅周辺を活気づけたいと、飲食業での経験と腕を見込んだ黒瀬さんが「うちの隣で店を開いてみては」と声を掛けた。目の前がマリーナという絶好のロケーションと西岸の雰囲気が気に入った中出さんは「金沢でせかせか働くより、西岸でのんびり働くのも良さそう」と移住を決意。今年1月から黒瀬さんを手伝いながら、準備を進めてきた。

 ワインはボトルのイメージが強いが、多様なワインを楽しんでほしいと、常時5種類のグラスワインを用意。生ハムはもちろん、チーズは熟成士がいる店から取り寄せるこだわりようだ。料理はワインに合うビストロ風のものを用意している。

 「普段からワインを飲む人には本格的なものをお出しできるし、飲み慣れない人には日本酒や焼酎もある。気軽に来ていただけたらうれしい」と中出さん。開店直後で人手が足りず、料理などはお客さんが運ぶ半セルフ方式となっている。

 開店は午後2時。午後5時までは飲み物のみで、それ以降は食事も可能。午後10時閉店。不定休。問い合わせはホームページから。ワイン食堂ぷかぷか亭で検索。

旅コラム
国内
海外