【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】こだわりだしでホッと 地元の平原さん、彦根に関西うどん店

【滋賀】こだわりだしでホッと 地元の平原さん、彦根に関西うどん店

ジャンル・エリア : グルメ | 近畿  2016年11月30日

だしにこだわったうどんを提供する平原さん=彦根市小泉町で

だしにこだわったうどんを提供する平原さん=彦根市小泉町で

 関西うどんの店「つる庵」が、彦根市小泉町の南彦根ステーションホテル内にプレオープンした。だしに力を入れたうどんを提供する。代表の平原千鶴さん(65)=同市高宮町=は「だしで食べるうどん。地域の人に来てもらいたい」と話している。

 幼いころからうどんに親しんでいた大阪市出身の平原さんは、昨年10月に事業所を辞めたのを契機に、店を開くことを決意。自宅でだしを取るなど試行錯誤を重ね、県外のうどん専門学校にも1週間ほど通った。だしの作り方のほか、製麺や経営のノウハウも学び、満を持して今年10月末からプレオープンした。

 だしには、まろやかで甘みがある高級品の北海道の真昆布や鹿児島のかつお節などを使用。長浜市の製麺所から生麺を仕入れ、近江牛や県内産の野菜を取り入れる。加えて、卵とじは多賀町にある養鶏場の卵を、ご飯には甲良町産米を使っている。

 うどんは540円からで、卵とじ、近江牛、鶏団子など。だしが染みたかやくご飯もある。店は長女(30)と2人で切り盛りする。平原さんは「体に良い食材を使っている。だしのおいしさを感じてもらいたい」と期待する。

 平日の営業は午前11時半~午後6時。土日曜は午後3時まで。プレオープン中は日曜定休だが、本オープンの12月からは月曜定休。(問)つる庵=090(9213)3003

 (木造康博)

旅コラム
国内
海外