【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】幻想的な光あふれる 城址大通り街路樹 青や黄色 鮮やかに

【富山】幻想的な光あふれる 城址大通り街路樹 青や黄色 鮮やかに

ジャンル・エリア : イルミネーション | 富山  2016年12月02日

イルミネーションゲートをくぐって楽しむ親子連れたち=富山駅南口の駅前広場で

イルミネーションゲートをくぐって楽しむ親子連れたち=富山駅南口の駅前広場で

 富山の冬を華やかに彩る「とやまスノーピアード」のイルミネーション点灯式が12月1日、富山市新富町のCiCビルであった。富山駅南口から城址(じょうし)大通り、富山城址公園南側広場までの約1キロを、10万6000個の発光ダイオード(LED)がきらびやかに飾っている。

 北陸新幹線も開業して整備が終わった同駅前とCiCビル前の広場は今年からイルミネーションが施され、駅前広場では「AMAZING TOYAMA(アメイジングトヤマ)」のオブジェをライトアップ。アーチ状のイルミネーションゲートも設置した。

 点灯式には市民ら約50人が集まり、地元のアームストロング青葉幼稚園の園児が合唱で盛り上げた。イベント運営委員会の高木繁雄会長ら4人がスイッチを押すと街路樹に青や黄色などの淡い光がきらめき、幻想的な雰囲気が広がった。

 小雨の中、光り輝くゲートをくぐった同園の女の子(6つ)は「楽しい。天気がいい日にまた来たい」と喜んでいた。

 来年2月12日まで、日没から午後10時半まで点灯する。

(山中正義)

目的で旅を選ぶ
気分で旅を選ぶ
旅コラム
国内
海外