【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】丸瓶に手まり鮮やか 愛荘で圧巻460点

【滋賀】丸瓶に手まり鮮やか 愛荘で圧巻460点

ジャンル・エリア : 展示 | 工芸品 | 文化 | 近畿  2016年12月08日

さまざまなデザインのびん細工手まりが並ぶ会場=愛荘町の愛知川びんてまりの館で

さまざまなデザインのびん細工手まりが並ぶ会場=愛荘町の愛知川びんてまりの館で

 愛荘町の愛知川びんてまりの館で、丸い瓶の中に鮮やかな手まりを入れた「愛知川びん細工手まり」の展覧会が開かれている。18日まで。

 びん細工手まりは江戸時代末期、近江商人の家から嫁いだ女性の嫁入り道具として持ち込まれ、伝わったとされる県指定の伝統的工芸品。

 保存会のメンバー50人が制作した460点を展示。麻の葉模様やサンタクロース、トンボなど色とりどりの刺しゅうが施された個性あふれる作品が並んでいる。

 三重県四日市市のパート社員女性(41)は「形は一緒でも、色の合わせ方や柄が違うだけで全然違って見えるのがすごい。まさに圧巻です」と見入っていた。

 土、日曜日には保存会による制作実演がある。月、火曜は休館。午前10時~午後6時(最終日は午後3時まで)。

 (中村千春)

目的で旅を選ぶ
気分で旅を選ぶ
旅コラム
国内
海外