【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【福井】迎春の喜び、ひとつずつ 佐佳枝廼社で縁起物づくり

【福井】迎春の喜び、ひとつずつ 佐佳枝廼社で縁起物づくり

ジャンル・エリア : 文化 | 神社・仏閣 | 福井  2016年12月09日

破魔矢などの縁起物づくりに精を出すみこら=福井市の佐佳枝廼社で

破魔矢などの縁起物づくりに精を出すみこら=福井市の佐佳枝廼社で

 今年も残りわずかとなり、県内の各神社では初詣客を迎える準備が進んでいる。福井市大手三の佐佳枝廼社(さかえのやしろ)では8日、縁起物づくりが始まり、迎春ムードに包まれた。

 縁起物には破魔矢、絵馬、熊手、福俵などがあり、神社内に設置されているニワトリとヒヨコが描かれた巨大絵馬(高さ1.2メートル、幅2.4メートル)と同じ絵柄の絵馬も用意している。

 この日は、みこや権禰宜(ごんねぎ)らが、紅白の破魔矢1本ずつにヒョウタンなどの飾りを結び付けていった。

 同神社の縁起物づくりは25日ごろまで続く。31日から1月1日にかけては、参拝者らによるカウントダウンのほか、お神酒やぜんざいの振る舞いなども予定している。 (笠松俊秀)

目的で旅を選ぶ
気分で旅を選ぶ
旅コラム
国内
海外