【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【福井】20年熟成の酒どうぞ 大野の醸造会社が旧中竜鉱山で貯蔵

【福井】20年熟成の酒どうぞ 大野の醸造会社が旧中竜鉱山で貯蔵

ジャンル・エリア : グルメ | 福井  2016年12月26日

「時の大河」(左)と「時のしずく」を掲げる泉さん=大野市の真名鶴酒造で

「時の大河」(左)と「時のしずく」を掲げる泉さん=大野市の真名鶴酒造で

 大野市明倫町の醸造会社「真名鶴酒造」は26日、同市和泉地区の旧中竜鉱山で20年間熟成させた純米大吟醸と大吟醸の貯蔵酒を各50本限定で発売する。記念や新成人の祝いにと呼び掛けている。

 同社は1991年から、旧中竜鉱山の坑口から2000メートル、深さ150メートルの一角を貯蔵庫として借り受けている。坑道内は年間を通じて気温11度、湿度90%に保たれ、光が全く入らないため、日本酒の貯蔵熟成に最適な環境という。

 今回は96年に醸造した貯蔵酒を販売。純米大吟醸を「時のしずく」、大吟醸を「時の大河」と名付けた。時のしずくは濃厚で香り豊か、時の大河は口当たりが良くキレがあるという。

 価格はいずれも750ミリリットルで3万円(税別)。代表社員の泉恵介さんは「熟成酒は時の流れでしか造り出せない。醸造当時のことを考え、その後の自分の歴史を重ね合わせながら味わってもらえれば」とアピールする。(問)真名鶴酒造=0779(66)2909

 (正津聡)

旅コラム
国内
海外