【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】参拝者向け年越し餅 伊勢神宮に市観光協が奉納

【三重】参拝者向け年越し餅 伊勢神宮に市観光協が奉納

ジャンル・エリア : 三重 | 文化 | 神社・仏閣  2016年12月27日

伊勢神宮に奉納するための餅をつく参加者=伊勢市の伊勢神宮外宮で

伊勢神宮に奉納するための餅をつく参加者=伊勢市の伊勢神宮外宮で

 伊勢市観光協会による神宮奉納餅つきが26日、市内の伊勢神宮外宮の奉納舞台であった。ついた餅は、大みそかに伊勢神宮の両宮で、年越し餅として参拝者に配られる。

 協会の浜田典保会長や鈴木健一伊勢市長、地元選出の県議ら30人ほどが出席。火除橋の近くでおはらいを受けた後、勾玉(まがたま)池の奉納舞台に移動し、順番に臼ときねでもち米をついた。

 つきたての餅は、神宮に奉納されたほか、きな粉をまぶして参拝者200人に振る舞われた。

 浜田会長は「今年の伊勢志摩サミットに続き、来年はお伊勢さん菓子博がある。餅のように粘り強く伊勢を盛り上げていきたい」と話していた。

 協会は31日午後11時から、両宮で各4000個の年越し餅を配布する。

 (関俊彦)

目的で旅を選ぶ
気分で旅を選ぶ
旅コラム
国内
海外