【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】自然の素晴らしさ訴え 立山・砂防博物館で写真展

【富山】自然の素晴らしさ訴え 立山・砂防博物館で写真展

ジャンル・エリア : 富山 | 展示 | 自然 | 芸術  2017年01月10日

学芸員や県自然保護協会員らが撮影した作品が並ぶ写真展=立山町芦峅寺の立山カルデラ砂防博物館で

学芸員や県自然保護協会員らが撮影した作品が並ぶ写真展=立山町芦峅寺の立山カルデラ砂防博物館で

 「素晴らしい自然を」と題した写真展が、立山町芦峅寺の立山カルデラ砂防博物館で開かれている。2月8日まで。

 自然の雄大さや多様性を知ってもらおうと企画。博物館の学芸員や県自然保護協会員ら25人が、県内外で撮影した49点が並ぶ。作品「厳冬の剱岳下山」は、夕日に照らされる剣岳の早月尾根付近を撮影。雪化粧をした剣岳がオレンジ色に映える光景を捉えている。

 一方、「オオムギ畑の除草剤」という作品は、上市町の大麦畑のあぜに除草剤がまかれ、雑草と一緒に大麦も枯れてしまっている様子を撮影。「このまま刈り取られてしまったら・・・」と説明書きがあり、メッセージ性の強い作品だ。

 菊川茂専門学芸員(80)は「写真展の名称『素晴らしい自然を』の続きを考えてほしい。『守りたい』とか『壊した人は誰』など、来場者に見て何かを感じてもらいたい」と話していた。

 (向川原悠吾)

目的で旅を選ぶ
気分で旅を選ぶ
旅コラム
国内
海外