【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】ワカサギ大物狙い 余呉湖で釣りシーズン到来

【滋賀】ワカサギ大物狙い 余呉湖で釣りシーズン到来

ジャンル・エリア : 乗り物 | 生き物 | 近畿  2017年01月13日

ワカサギの当たりを待つ釣り客ら=長浜市の余呉湖で

ワカサギの当たりを待つ釣り客ら=長浜市の余呉湖で

 長浜市の余呉湖に、ワカサギ釣りのシーズンが到来し、大勢の釣り客でにぎわっている。今季は、例年よりも一回り大きいサイズがよく釣れているという。

 水温が低いと釣果が上がりやすいといい、雪がちらちらと舞った12日は、午前中だけで約50人が訪れた。防寒着を着込んだ釣り客は桟橋から糸を垂らし、次々と釣り上げていた。

 余呉湖漁業協同組合によると、釣れるワカサギは例年、体長7、8センチが多いが、今季は12~13センチの大物がよく釣れている。20年ほど通っている米原市顔戸の男性(67)は「こんな年は初めて。釣っていて楽しい。天ぷらにしていただきます」と笑った。

 ワカサギ釣りには毎年、県内や中京、京阪神などから2万人が訪れる。手軽さが受け、ここ2、3年は女性の利用も増えているという。今季は、風雪をしのげる「ドーム船」もお目見えし、快適に釣りを楽しむ愛好者の姿もあった。

 営業は3月末まで。午前6時~午後5時。高校生以上1400円、小中学生800円。ドーム船の乗船料は別に600円が必要。(問)組合=0749(86)3033

 (渡辺大地)

目的で旅を選ぶ
気分で旅を選ぶ
旅コラム
国内
海外