【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】ブリ ぷりっぷり! ひみ番屋街

【富山】ブリ ぷりっぷり! ひみ番屋街

ジャンル・エリア : イベント | グルメ | 富山  2017年01月16日

ブリの切り身をもらう来場者=氷見市のひみ番屋街で

ブリの切り身をもらう来場者=氷見市のひみ番屋街で

 冬の富山湾の味覚を代表する寒ブリを味わう催し「ぶり・鰤(ぶり)・ブリづくし」が15日、氷見市の氷見漁港場外市場「ひみ番屋街」であり、重さ10キロ以上の「ひみ寒ぶり」の解体ショーと振る舞いに多くの観光客でにぎわった。ひみぶりフェア(2月28日まで)の一環。

 用意されたブリは14日に氷見漁港に水揚げされた大物2匹。同市場内の鮮魚店従業員2人が手際よくブリを解体し、ブリの刺し身が振る舞われると観光客が長い行列を作った。当初は200人にブリの切り身を無料で配る予定だったが、好評のため100人増やし、約300人が脂ののったブリを味わった。

 昨年4月に高岡市に転勤した男性(48)は妻(46)、娘2人と来場。男性は切り身を口に運び、「脂がのっていておいしい。ブリを買って、ブリざんまいをする」と話した。

 重量を当てた正解者にブリ1匹を贈るクイズもあり、多くの来場者が、応募箱に用紙を入れていた。 (武田寛史)

旅コラム
国内
海外