【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】冬はこれ、丸山付き&あんかけ 大門素麺新メニュー

【富山】冬はこれ、丸山付き&あんかけ 大門素麺新メニュー

ジャンル・エリア : まちおこし | グルメ | 富山  2017年01月24日

新メニューの大門素麺を使ったにゅうめんの丸山付き(手前)とあんかけ=砺波市大門で

新メニューの大門素麺を使ったにゅうめんの丸山付き(手前)とあんかけ=砺波市大門で

砺波の飲食店

 郷土料理を提供する砺波市大門の農家レストラン大門は、市観光協会と共同で温かい大門素麺(そうめん)の新メニューを企画した。同店名物の丸山(がんもどき)付きとあんかけの2品で、24日から3月末までランチメニューに加える。1日各10食限定で各税別1000円。

 新メニューは、同レストランが煮汁がよくしみるように、特注の丸山を皮の薄いタイプに変更したのがきっかけ。同協会主任で栄養士の資格を持つ斉藤浩美さんが「大門素麺はこしが強い。にゅうめんにして一緒に食べるとおいしい」と、素麺の冬場の消費拡大も狙いにメニューを提案した。

 「丸山大門にゅうめん」は、シイタケ、タケノコなど7種類の具が入った丸山と、アクセントにゆでた菜花が添えてある。大根おろしとしょうがをたっぷりのせ、温かいそうめんつゆをかけて食べる。

 「あんかけ大門にゅうめん」は、ハクサイ、長ネギ、炒(い)ったサクラエビなどのあんをかけて食べる。あんかけとショウガで、体が温まる一品。いずれのメニューも郷土料理のおすわい(紅白なます)の小鉢付き。食材は極力地物を使い、添加物なしで作っている。

 おかみの境嘉代子さんは「丸山とにゅうめんは相性がよく、あんかけは体がとても温まります」とPR。観光協会は誘客宣伝などでメニューを紹介し、砺波の魅力発信につなげる。(問)農家レストラン大門0763(33)0088

 (山森保)

旅コラム
国内
海外