【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【福井】バレンタインの梅酒チョコ、今年も販売 若狭の「エコファームみかた」

【福井】バレンタインの梅酒チョコ、今年も販売 若狭の「エコファームみかた」

ジャンル・エリア : まちおこし | イベント | グルメ | 福井  2017年01月25日

エコファームみかたが発売した生ちょこようかん(右)とBENICHOCO=敦賀市内で

エコファームみかたが発売した生ちょこようかん(右)とBENICHOCO=敦賀市内で

 バレンタインデーに向け、若狭町の梅酒製造会社「エコファームみかた」は、県内の菓子店と共同開発した梅酒入りチョコレートを発売した。担当者は「地元色のあるチョコレートを味わってほしい」と話している。

 微糖、無糖の梅酒「BENICHU(ベニチュー)」を練り込んだ「BENICHOCO(ベニチョコ)」と、ようかんのような口当たりのチョコに、別の梅酒を入れた「生ちょこようかん」を作った。担当者によると、チョコの甘さに加え、梅酒のすっぱさが広がる味わいだという。

 お菓子処丸岡家(福井市春山2)と洋菓子ハシモト(同市つくも2)と協力し「地元産で福井を盛り上げたい」との思いで昨年、商品化。今年も続けて販売することにした。

 ベニチョコは梅酒のアルコール度数別に2種類あり、いずれも9個入り税込み1200円。生ちょこようかんは6個入り972円、12個入り1944円。

 開発先の2店舗ではすでに販売しているほか、25日には福井市の西武福井店のバレンタイン特設会場にも登場。嶺南地方では、若狭町の道の駅三方五湖や美浜町のがぁでんぱあく五湖の駅で2月3日に発売される。(問)エコファームみかた=0770(45)3100

 (米田怜央)

旅コラム
国内
海外