【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】古民家改装 砺波の「蔵蕃そば」 栴檀野の味 おろし最高

【富山】古民家改装 砺波の「蔵蕃そば」 栴檀野の味 おろし最高

ジャンル・エリア : グルメ | | 富山  2017年02月15日

地元産の食材を使った「おろしそば」=砺波市増山で

地元産の食材を使った「おろしそば」=砺波市増山で

きょうからプレオープン

 砺波市増山の国指定史跡・増山城跡近くに3月1日、築約50年の民家を改装したそば店「増山城 蔵蕃(くらばん)そば」がオープンする。市の空き家再生補助金を適用した2例目。15~28日はプレオープン期間とし、昼の時間帯のみ営業する。(渡辺健太)

 運営するのは住民が立ち上げた株式会社「蔵蕃」。社長の坂本勲夫さん(65)は、そば打ちが趣味の宮野健一さん(65)とともに10年前から地元の祭りでそばを提供してきた。昨夏から出店に向けて動きだし、約25年間空き家になっていた今回の物件を借り受けることになった。

 店名は空き家が増山城の蔵を管理する「蔵番」の子孫が所有していたことにちなむ。坂本さんらを含む住民7人で運営し、栴檀野(せんだんの)地区で取れたソバを使った十割そばをはじめ、山菜の天ぷらなどを用意する。

 14日に報道機関向けの内覧会があり、プレオープンでも販売するおろしそば(税込み1000円)が振る舞われた。坂本社長は「地域の住民に利用してもらい、リピーターを増やしていきたい」と話した。

 昼は午前11時から午後2時、夜は午後5時から9時まで営業。プレオープン期間は要予約。(問)同店0763(37)1114 

旅コラム
国内
海外