【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】男衆ら気勢、神輿上神事 大津の日吉大社

【滋賀】男衆ら気勢、神輿上神事 大津の日吉大社

ジャンル・エリア : まつり | 文化 | 神社・仏閣 | 近畿  2017年03月06日

男衆らに担がれ、山道を上るみこし=大津市坂本で

男衆らに担がれ、山道を上るみこし=大津市坂本で

 湖国三大祭りの1つ「山王祭」の開幕を告げる「神輿上(おこしあげ)神事」が5日、大津市坂本の日吉大社であった。

 2基のみこしを麓の蔵から、裏山山頂の神社に納める神事。

 午前10時すぎ、地元の男衆や比叡山高と北大津高の野球部員ら約300人が1トンのみこしを担いで出発。「よーい、こら」と声を出しながら、長さ1キロの山道や石段を上っていった。

 山王祭実行委員会の伊藤政治委員長(58)は「最初の行事が無事に終わって感無量です。みんなで協力し合って、祭りを盛り上げていきたい」と話した。

 運び込まれたみこしは、男神を祭る牛尾宮(うしおぐう)と女神を祭る三宮(さんのみや)で約1カ月間「お見合い」するといわれる。4月12日の午(うま)の神事で下山し、「結婚」を再現する儀式が行われる。

 (中村千春)

旅コラム
国内
海外