【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】ハル待つ 能登島古民家 19日 軽食販売や整体 15催し

【石川】ハル待つ 能登島古民家 19日 軽食販売や整体 15催し

ジャンル・エリア : まちおこし | イベント | 石川  2017年03月07日

古民家を活用したイベントを企画する赤坂正彦さん、治美さん夫妻=七尾市能登島佐波町で

古民家を活用したイベントを企画する赤坂正彦さん、治美さん夫妻=七尾市能登島佐波町で

赤坂さん夫妻企画「広い空間集まって」

 七尾市の夫婦が、能登島にある築100年以上の古民家で19日、子どもから大人まで楽しめる多彩なイベントを開く。2人は「古民家の広い空間でイベントを楽しんでほしい」と参加を呼び掛けている。(松村真一郎)

 企画するのは、同市田鶴浜町の会社員赤坂正彦さん(59)、治美さん(53)夫妻。以前から落ち着いた雰囲気で、景色のいい古民家に住みたいと思っていた。

 瓦会社営業職の正彦さんが仕事で能登島を回っていた際、売りに出されていた同市能登島佐波町の古民家を発見。後日、治美さんと見学し、2015年9月に別荘として購入した。空き家になって3年ほどたっており、傷んだ畳や床を張り替え、壁のしっくいは正彦さん自らが修繕した。

 「みんなで楽しくワイワイやりたい」という思いを持っていた治美さんが知人に話したところ、市内のカフェを紹介され、古民家を活用したイベントの開催が決まった。市内外の飲食店や小物作りをしている人も集まって、アクセサリーや軽食の販売、自力整体など計15のイベントを行う。

 イベントは、治美さんの名前と季節から「ハル」と名付けた。正彦さんは「ゆっくりして、空間を楽しんでほしい」、治美さんは「文化祭のようにみんなで楽しみたい」と話している。時間は午前10時~午後4時。(問)治美さん090(5171)1445

目的で旅を選ぶ
気分で旅を選ぶ
旅コラム
国内
海外