【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】法隆寺釈迦三尊像を再現 高岡銅器 井波彫刻 東京芸大

【富山】法隆寺釈迦三尊像を再現 高岡銅器 井波彫刻 東京芸大

ジャンル・エリア : オブジェ | 富山 | 展示 | 神社・仏閣 | 芸術  2017年03月10日

釈迦三尊像の複製を触る参加者=高岡市末広町で

釈迦三尊像の複製を触る参加者=高岡市末広町で

高岡で初公開

 高岡市の高岡銅器が受け継ぐ鋳造技術と南砺市の井波彫刻、東京芸術大の科学分析技術を駆使して再現された法隆寺(奈良県)の国宝釈迦(しゃか)三尊像の複製が9日、高岡市末広町のウイング・ウイング高岡で初公開された。一般公開する展覧会は10~20日。

 門外不出の釈迦三尊像の再現仏像は間近で観覧し、手で触ることも可能。オープニングの参加者は直接、像に触って感動していた。

 東京芸大が文化庁と法隆寺の許可を得て、3Dプリンターでデータ化して原型を作製。伝統工芸高岡銅器振興協同組合が中尊、左右脇侍などを分担して鋳造し、井波彫刻協同組合が台座を作った。最後に東京芸大が磨きや古色の着色を施し、約2年かけて完成させた。中尊は高さ139.5センチ、幅116センチ、奥行き59センチ。同寺の金堂壁画も再現されて実際と同じ配置で展示された。

 複製事業を高岡銅器などに持ち掛けた東京芸大社会連携センターの伊東順二特任教授は「1300年の美が今できた」と喜びを表した。射水市青井谷の会社員男性(51)は「何度でも見に来たい。制限されがちな文化財を再現することで、広く見られるのは良いこと」と話し、その妻は「富山の技術がすごくて、富山県民の誇りを感じた」と興奮していた。

 11、18両日の午後1時半から職人による実演、午後2時からギャラリートークがある。開催時間は午前10時~午後6時。観覧無料。 (武田寛史)

目的で旅を選ぶ
気分で旅を選ぶ
旅コラム
国内
海外