【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】多治見にタイルマン現る!! 「キン肉マン」ファン必見

【岐阜】多治見にタイルマン現る!! 「キン肉マン」ファン必見

ジャンル・エリア : まちおこし | オブジェ | サブカルチャー | 展示 | 岐阜  2017年03月13日

タイルマンの像の完成を祝う嶋田さん(左)と鈴木さん=JR多治見駅前で

タイルマンの像の完成を祝う嶋田さん(左)と鈴木さん=JR多治見駅前で

 タイルのまち多治見市をPRするため、人気漫画「キン肉マン」に登場するキャラクター「タイルマン」の等身大像が11日、JR多治見駅南側の市有地にお目見えした。この日に開かれた完成式典には、2人組の作者「ゆでたまご」で原作を担当する嶋田隆司さんも駆け付けた。

 発案したのは、市内のタイルメーカー経営の鈴木耕二さん(40)。2013年に友人らに呼び掛けて有志団体「タイルマンを造る会」を結成し、資金づくりなどを進めた。市の補助金を含め300万円が集まり、同市住吉町の窯元「虎渓窯」に製作を依頼し、約8カ月がかりで完成した。

 像の高さはキャラクターの設定と同じ225センチ。鉄骨の骨組みを基礎とし、表面を乳白色のタイル大小100枚以上で覆っている。

 式典で、鈴木さんは「キン肉マンの力を借り、全国にタイルの町をPRできるシンボルとして、積極的に活用していく」と話した。嶋田さんは「タイルで作ると聞いた時は、想像もできなかった。読者を驚かせるキャラクターのタイルマンを見に、多治見市に足を運んでほしい」と呼び掛けた。

 (秦野ひなた)

旅コラム
国内
海外