【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】夜に浮かぶ布袋大仏 江南、ライトアップ始まる

【愛知】夜に浮かぶ布袋大仏 江南、ライトアップ始まる

ジャンル・エリア : まちおこし | 愛知 | 歴史 |   2017年03月27日

ライトアップが始まった布袋の大仏を紹介する前田さん=江南市木賀町で

ライトアップが始まった布袋の大仏を紹介する前田さん=江南市木賀町で

 桜の季節に合わせ、江南市木賀町の「布袋の大仏」のライトアップが始まった。4月8日までの午後6時半~9時ごろ、桜に囲まれた大仏を照らし出す。

 布袋の大仏は高さ18メートル。桜並木沿いの私有地にある。

 桜は例年3月下旬から4月上旬が見ごろといい、地元の市民団体「ほていコミュニティ協議会」が町おこしに活用しようと、2004年から続けている。

 今年はまだ咲いておらず、25日夜もつぼみが膨らんだ状態。大仏のそばには名鉄犬山線も走っており、前田哲郎会長(55)によると、車窓から見て訪れる人も多い。

 前田会長は「この機会に大仏の足元まで来てみて」と話している。

 (鈴木あや)

旅コラム
国内
海外