【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【福井】「越前国ノ図」原本を初公開 県立図書館

【福井】「越前国ノ図」原本を初公開 県立図書館

ジャンル・エリア : 展示 | 文化 | 歴史 | 福井  2017年03月29日

初公開の「越前国ノ図」に見入る来場者ら=福井市下馬町の県立図書館で

初公開の「越前国ノ図」に見入る来場者ら=福井市下馬町の県立図書館で

 県立図書館は25日、1669年に描かれた松平文庫の国絵図「越前国ノ図(えちぜんのくにのず)」の原本を福井市下馬町の同館で初めて公開した。保管する越前国の絵図の中で最も美しいとされ、来場者は鮮やかな色彩などに見入った。

 国絵図は江戸時代の国家支配の基本図。図書館では福井藩が作製した越前国の絵図14点を保有している。国を8群に分けて描いた越前国ノ図は縦435センチ、横402センチ。村を各郡で色分けし、道の難所や川の渡り方などを示している。折り畳んで保管されている絵図を職員が広げると、40人ほどの来場者は熱心に鑑賞した。

 越前国ノ図の公開は同日のみで、館内で開催中の松平文庫の大型絵図を紹介するテーマ展の一環。越前国が最も詳細に描かれた「越前国之図(えちぜんのくにのず)」(1685年)の複製などを展示するテーマ展は5月7日まで開かれている。

 (玉田能成)

旅コラム
国内
海外