【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】熱気球から高遠の桜見よう 城址公園で10~14日に体験コーナー

【長野】熱気球から高遠の桜見よう 城址公園で10~14日に体験コーナー

ジャンル・エリア : イベント | 乗り物 | 甲信越  2017年04月04日

空に浮かび上がる熱気球=伊那市高遠町で

空に浮かび上がる熱気球=伊那市高遠町で

 高遠の桜を空から眺めませんか-。伊那市高遠町の高遠城址(じょうし)公園で開催中のさくら祭りで、今年初めて開かれる熱気球体験コーナーの試乗会が3日、同公園駐車場であった。

 高遠地区の住民や観光、報道関係者ら約40人が参加。県PRキャラクター「アルクマ」が描かれた8人乗りの熱気球はゆっくりと空に浮かび上がり、高さ約15メートルに達すると、高台にある城址公園の桜が目の前に広がった。好天時には中央アルプスや市街地の眺望も楽しめる。

 祖母と乗船した高遠小学校新1年生の男子児童は「景色がきれいで楽しかった。通っていた保育園が見えた」と喜んでいた。

 熱気球体験は、運航を担当する安曇野气船(安曇野市)が伊那市に提案して実現。市観光協会によると、観光客から「高遠の桜を上から見たい」という要望が以前から多くあったといい、中村忠人事務局長は「新しい体験型観光を打ち出していきたい」と話した。

 桜の開花に合わせて10~14日に実施。午前8時から同8時半まで当日のみ受け付け。気球を地上からロープで固定した係留飛行で、乗船時間は約5分。1日100人ほど体験でき、荒天時は中止。現地で保険加入が必要。一般2400円、6~11歳1800円、2~5歳500円。(問)市観光協会=0265(78)4111

 (岩田忠士)

目的で旅を選ぶ
気分で旅を選ぶ
旅コラム
国内
海外