【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】「みずみずしい」ガラス 南砺で企画展

【富山】「みずみずしい」ガラス 南砺で企画展

ジャンル・エリア : 富山 | 展示 | 工芸品 | 芸術  2017年04月07日

色鮮やかなガラス作品が並ぶ会場=南砺市城端で

色鮮やかなガラス作品が並ぶ会場=南砺市城端で

 南砺市城端の体験施設「じょうはな織館」で、富山市神通町のガラス作家サブロウさんの企画展「サブロウの『ガラス』と『水』展」が開かれている。23日まで。

 サブロウさんは、ガラスのかけらをタイルのように並べ、その隙間に色ガラスの粉を敷き詰めて窯で焼成することで一枚のガラスを成形する「キルンワーク」と呼ばれる手法で作品を制作している。今回はみずみずしさを感じさせる器や照明器具など約150点を展示。出身地である滋賀県の琵琶湖をイメージした大鉢や四角や円形の色鮮やかな皿などが並ぶ。水の入った水槽の中から壁や天井に照明を当てた空間芸術作品もある。水曜休館。入館無料。 (渡辺健太)

旅コラム
国内
海外