【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【福井】コツメカワウソの赤ちゃんすくすく 越前松島水族館

【福井】コツメカワウソの赤ちゃんすくすく 越前松島水族館

ジャンル・エリア : 動物 | 水族館 | 生き物 | 福井  2017年04月07日

すくすくと成長しているコツメカワウソの赤ちゃん=3日、坂井市の越前松島水族館で(同館提供)

すくすくと成長しているコツメカワウソの赤ちゃん=3日、坂井市の越前松島水族館で(同館提供)

 坂井市の越前松島水族館で2月に誕生したコツメカワウソの赤ちゃんがすくすくと育っている。3匹とも雌で、現在は尾も含めた体長が15センチ、体重は500グラムになり、泳ぎの練習も始めるなど元気いっぱいだ。館は5月中旬をめどに一般公開する予定。

 母親は同館のシズク(7歳)、父親は2012年にアドベンチャーワールド(和歌山県)からやって来たクウ(5歳)。昨年3月に引き続き2度目の繁殖成功となった。

 生まれた当初は巣とする縦1メートル、横0.8メートルほどの麻袋にシズクがこもり、赤ちゃんの「ミャー、ミャー」「ピー、ピー」との鳴き声だけが聞こえていた。最近は、両親がくわえて1日5、6回は外に出し、泳ぎの練習をするまでになった。

 一般公開するころには、防水性のある毛に生え替わり、体重1キロほどになる見通し。飼育担当の金指(かなさし)千絵さん(26)は「あどけない表情や動きをぜひ見に来てほしい」と話す。

 (北原愛)

目的で旅を選ぶ
気分で旅を選ぶ
旅コラム
国内
海外